東京電力による計画停電と首都圏の鉄道について(速報)

 東北地方太平洋沖地震によって一部の発電所が破壊され、発電能力が落ちたことによって東京電力は計画停電を実施して大規模停電を防ぐこととなった。2011年3月14日15時現在、予定された計画停電は実施されてはいないものの、首都圏のJR東日本や大手民鉄等の各線では運休や列車の大幅な間引き運転によって大混乱が生じている。その様子は一言で申し上げて、1970年代に展開された国鉄の順法闘争のようだ。特に県庁所在地である千葉市の代表駅、千葉市には東京方面への鉄道の便が失われるなど、従来の常識では考えられない状況に陥っている。
 いままでのところ、計画停電は回避されたものの、鉄道の運転は復旧していない。電力を大量に消費する鉄道の運転を再開するとたちまち電力の需給バランスが崩れてしまうからだ。
 それでは、鉄道が必要とする電力はいかほどなのだろうか。国道交通省鉄道局監修、『平成20年度 鉄道統計年報』、電気車研究会、2010年12月(JR東海のデータは『東海道新幹線のあゆみ』、東海旅客鉄道新幹線鉄道事業本部、2005年3月)によると、首都圏に乗り入れるJR各社と大手民鉄各社との電力消費量はのとおりだったという。筆者はこれらの数値から求めた東京電力にとって必要な発電能力をまとめてみた。ラッシュ時のようなピーク時に必要な発電能力を通常時の3倍として計算しているのは、多くの鉄道にとって車両の稼働率はラッシュ時に2から3倍に高まるからであり、今回は多めに見積もって3倍と考えている。
 JR東日本は川崎火力発電所と信濃川発電所と自前の発電所を所有し、JR東海の東海道新幹線は計画停電の影響を避けるために中部電力大井川発電所からの供給に切り換えたとのことなので、正確な数値は求められない。だが、ピーク時に必要な発電能力は大手民鉄だけでも105万kWであり、JR東日本が東京電力から供給を受けている分を合わせると200万kW弱といったところではないだろうか。つまり、およそ半分の半数の列車しか運転できていないということはピーク時に約100万kWの電力を節約できたと考えられる。鉄道が消費する電力は案外多くはないものの、東京電力にとっては大規模停電を避ける頼もしい相手であることは間違いない。しかし、このような状態はいつまで続くのかは不明だ。急いで火力発電所を建設するほかない。
 弁解で恐縮だが、間もなく予定されている本日2回目の計画停電(1回目は未実施)までに本稿を間に合わせるよう、大慌てて執筆したため、データの算出方法などに誤りが見られるかもしれない。気がつかれた方はご一報くだされば幸いである。
  • 2011.03.14 Monday
  • NEWS


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

LINK


selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM