2012年3月11日 東日本大震災の発生から1年を経て

  去る2011年3月11日の14時46分に発生した東日本大震災から丸1年が経過しました。震災によって亡くなられた皆様には哀悼の意を表しますとともに、被害を受けられた皆様には謹んでお見舞いを申し上げます。

 当方は鉄道関連の分野で執筆等に携わる者であるから、個人的には東日本大震災で被災した鉄道がすべて復旧すれば理想的だ。しかしながら、鉄道が復興後の社会に必要とされず、その復旧によって後世に大きな負担を残すのであれば、躊躇することなく放棄してほしいと考える。
 2011年の9月にNHKラジオ第一放送の「私も一言! 夕方ニュース」という番組では「震災半年」をテーマに取り上げた。そのなかで、9月9日に放送された「どう立て直す? 被災地のローカル線」で当方は被災地の鉄道の現状と展望についてコメントさせていただいている。まだ震災から日が浅いため、当方は冒頭に述べたような厳しい見方は示していない。すると、生放送の番組中、地元の方から次のような声が寄せられた。
「三陸鉄道がいち早く復活してもてはやされているけれど、自治体はそんな金があるのならもっと困っている人に対して金を使ってほしい」
 このような意見は他にもあり、恐らくは地元からの声の半分近くはこうした意見であった。もちろん、いち早く復旧させた三陸鉄道の関係者の尽力には頭が下がるし、利用客の皆さんの利便を考えると、単純に三陸鉄道の復旧を優先度が低いとして切り捨ててよいとは思わない。ただし、被災者が直面している一番の問題は金銭面であることもまた確かである。当方が住む千葉県富津市でも津波によって漁業が大きな被害を受けた。復興させようにも資金がないために泣く泣く地元を離れる人の話も聞いている。金さえあればこのような問題は起きなかったはずだ。
 われわれが住む世の中は資本主義の世界である。貨幣すら廃止し、その後大虐殺を行ったカンボジアはクメール・ルージュの世ではない。それから、感情に突き動かされて社会の秩序を乱すことが許される世界ではないことを理解する必要がある。ここはジム・ジョーンズ率いる人民寺院が集団自殺したジョーンズタウンではないのだから。
 東日本大震災について、当方の同業者らは希望を語る人が多い。当方はそうした意見を否定はしないが、どことなくうわべだけで空虚なものに感じられる。そのようななか、手前味噌ではあるものの、鉄道ジャーナリスト史絵.が2011年3月11日に記した「黙祷」という題名のブログには、震災への無力感と現実的な抱負とが示されていて評価したい。
 当方の考えなど復興には何の役にも立たないだろう。「鉄道ジャーナリストを名乗っているくせに鉄道に冷たい奴がいる」とだけ思っていただければ幸いだ。
  • 2012.03.12 Monday
  • NEWS


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

LINK


selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM