「大分県東九州新幹線整備推進期成会シンポジウム」で講演を行います

 梅原淳は2018年12月17日(月)に日本文理大学(大分市)で開催される「大分県東九州新幹線整備推進期成会シンポジウム」(主催大分県東九州新幹線整備推進期成会)におきまして、「東九州新幹線の開業で変わる生活、変わらぬ絆」と題して講演を行います。講演後に行われるパネルディスカッション「東九州新幹線の効果と期待について」(コーディネーターは日本文理大学工学部教授の吉村充功さん)につきましても助言の役目を承りました。

 

 北陸新幹線以降に開業した整備新幹線が実は時速360kmでの走行に備えた緩和曲線長、縦断面半径に変えられているなか、2020年代型の新幹線はどのような姿であるべきで、その新幹線をどのようにつくり、どのように活用すればよいのか――。以上を中心にシンポジウムを通じて語っていきたいと考えております。ご興味を抱かれた方はふるってご参加いただければ幸いです。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

LINK


selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM