2019年4月9日にJR北海道が公表した「『JR北海道グループ長期経営ビジョン』等について」への所感(緊急)

 JR北海道は2019年4月9日に「『JR北海道グループ長期経営ビジョン』等について」と題し、2031年度に経営自立を果たすための経営計画や事業計画などを公表しました。梅原淳はこの件についての執筆やコメントの依頼をメディア各社から受けておりまして、当方の意見につきましては恐縮ながら、これら各メディアをご覧いただければ幸いです。

 とはいえ、今回発表されたうちの一つ「JR北海道の『経営自立』をめざした取り組み」を見ますと、現状のままでJR北海道が経営自立を果たせるようになるとは全くもって思えません。同社自体も経営自立が不可能であることを示唆している記述が各所に見られます。

 

 当ページは鉄道の関係者の皆様も多く読んでおられるようです。少々専門的ながら、JR北海道が他の鉄軌道事業者に見られない特殊な状況に置かれている一例を紹介しましょう。

 JR北海道にとって数少ない高収益線区である札沼線の桑園-北海道医療大学間のうち、桑園-北海道医療大学間は電化され、八軒-あいの里教育大間は複線化されていることをご存じかと思います。札沼線の閉そく方式を見ますと、言うまでもなく複線区間は自動閉そく式が採用されていますが、問題は単線区間の桑園-八軒間とあいの里教育大-北海道医療大学間でして特殊自動閉そく式のままです。輸送人員の増加によって複線化と電化とが進められた線区にあって、単線区間が特殊自動閉そく式で残された線区がほかにあるでしょうか。いま一度考えていただければ幸いです。

  • 2019.04.12 Friday
  • NEWS


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

LINK


selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM