2013年4月25日 西日本旅客鉄道株式会社福知山線塚口駅〜 尼崎駅間列車脱線事故から8年を経過して

 乗客106人と運転士1人の107人が死亡し、562人が負傷した福知山線の列車脱線事故から本日2013年4月25日で丸8年を迎えた。痛ましい事故によって犠牲になられた方々には謹んで哀悼の意を表し、負傷された方々や犠牲者のご遺族と関係者の方々にはお見舞いを申し上げます。

 この事故から5年が過ぎたころであったであろうか。鉄道業界では事故に対する風化が急速に進み、いまや多くの人々の脳裏から忘れ去れようとしている。それどころか、鉄道とは21世紀の日本にあって一度の事故で100人以上の命を奪った唯一の交通機関という重い事実をなかったことにする鉄道メディア業界の現状には、怒りを通り越して哀れにさえ思う。
 事故直後にマスメディアで事故についての解説を行っていた筆者は、「普段は鉄道会社に寄生して『人殺し』の片棒をかついでいるくせに」と批判を受けた。その筆者がいまだにこの事故について課題を述べれば、大昔の出来事を大げさに話すと疎ましがられる。恐らくあと5年もすれば、この事故の話を持ち出すだけで、ありもしない話をあたかも本当のことのように語る嘘つきとして扱われるはずだ。
 筆者が他人にどう思われるかなどどうでもよい。問題はあの悲惨な事故が起きてなお、JR西日本の安全に対する思想は他の鉄道事業者と比べて遅れたままであるという点だ。
 JR西日本のホームページには「データで見るJR西日本2012」というebookなる電子書籍形式の会社要覧が用意されている。同書の30、31ページを開くとATS-P形についての説明と、導入路線が図示されていることに気づく。誠に恐縮ながら、ATS-P形について詳しくは述べない。簡潔に言うと、もしも事故当時福知山線に導入されていれば、あのような悲劇は起きなかったかあるいは軽減されていたと見なされている保安装置を指す。
 31ページの図を見ると、路線・区間名とともにATS-P形の使用開始時期が記入されており、なるほどこの事故を受けて新設された区間が多いのだと理解できる。ところが、福知山線を含めて導入されたATS-P形は拠点型のPといって、JR東日本やJR東海が導入したATS-P形と比べて保安度が低い。具体的には、絶対信号機である場内信号機と出発信号機とは確かにATS-P形で防護されるが、数の多い閉そく信号機は従来形、つまりこの事故を防ぐことのできなかったATS-Swが相変わらず守っているからだ。
 拠点型のPを導入した鉄道事業者はJR西日本しか存在しない。筆者が知る限りでは、京成電鉄、東京都交通局1号線浅草線、京浜急行電鉄、北総鉄道の各社で1号型ATSをより保安度の高いC-ATSに切り換えた2008年ごろ、まずは絶対信号機に対する防護をC-ATSに変え、その後閉そく信号機への防護を切り換えていった事例があるだけだ。もっとも、1号型ATSには停止信号と注意信号とに対する連続速度照査機能をもっていて、前者は15km/h、後者は45km/hを越えると前者は非常ブレーキ、後者は全ブレーキ(常用最大ブレーキ)が作動する。「目覚まし時計」と揶揄されるように、停止信号に近づいて警報音が鳴ったときに確認扱いのスイッチを押してしまえばその後は全く何もしない閉そく区間のATS-Swとでは保安度は比べものにならない。
 JR西日本とて拠点型のPの欠点は承知している。筆者の記憶では、「データで見るJR西日本」の確か2010年版くらいまではATS-P形の導入線区を閉そく信号機を含めた完全なATS-P形のものと拠点型のPとの2種類に分けて表示していた。しかし、筆者のような人間が常々拠点型のPを批判するため、ついに拠点型のPと銘打って掲載しなくなったのである。これは同社が拠点型のPのもつ保安度の低さを認識しているからにほかならない。
 拠点型のPは、複々線で列車の運転回数が極めて多く、しかも最高速度も130km/hと高速な東海道・山陽線にも導入されている。かたや、筆者在住の千葉県富津市を走るJR東日本の内房線は蘇我-安房鴨川間の全線で閉そく信号機を含めてすべてATS-P形だ。単線区間の君津-安房鴨川間はJR東日本が地元に対して第三セクター鉄道に転換したいと回答するほどの不採算区間であるにもかかわらずだ。
 JR西日本に聞くと、拠点型のPを採用した理由は初期費用とランニングコストの削減のためだという。筆者も同社の苦しい台所事情は承知している。だが、所詮は金で解決できる問題だ。ならば筆者は次のとおり、提言しよう。

・JR西日本の電車特定区間や大阪環状線内の普通運賃は初乗りが120円とJR旅客会社中、最も安い。初乗りを200円に値上げすべきだ。

・売上がJR旅客会社6社に分配される青春18きっぷはJR西日本にとって、たとえ1kmでも乗車されると事実上損失を生み出す。したがって、青春18きっぷを廃止するか、JR西日本は利用区間から除外すべきだ。

・地方交通線の整理に本格的に取り組む必要がある。特に2010年度の旅客輸送密度が66人の三江線や、全線で1832人ながら恐らくは数百人ほどと見込まれる備中神代-三次間などではJR西日本は鉄道事業への意欲を失ってしまった。バスへの転換や第三セクター化を早急に検討しなくてはならない。

以上である。

 2012年4月29日、関越自動車道における高速ツアーバス事故が発生し、7人が亡くなり、乗客38人が負傷するという事故が発生した。事故の根本的な原因は福知山線の列車脱線事故と何ら変わりがない。筆者は金など大嫌いだ。しかし、金で解決できるのならば支払うのはやぶさかではない。100年後の人類が、金を惜しんだために起きた事故を知ったとしたら、先人たちは何と愚かであったと呆れるに違いない。後世に恥ずかしくない世の中を残すことが、事故で亡くなられた方々へのせめてもの供養となるのではないだろうか。

  • 2013.04.25 Thursday
  • -

新年のあいさつ

 あけましておめでとうございます。2013年もどうぞよろしくお願いいたします。
 当ホームページは2012年7月以来、更新を行いませんでした。一つは筆者梅原淳の業務が多忙を極めていたからですが、もう一つはインターネットにおける一部の鉄道メディア関係者の言論レベルのあまりの低さに呆れ、距離を置こうと考えたからです。
 新しい年を迎え、多忙という状況は変わりません。しかしながら、当ホームページでは折を見ながら鉄道に関する話題を掘り下げて紹介する必要性を感じます。というのも、当方に寄せられる読者の皆様のご意見には、鉄道に関する革新的な提案から学校でのいじめなど多岐にわたり、やはりこれらの課題から逃げてはいけないと考えたからです。
 以前、ある方から児童向けの鉄道書の企画についてこう非難されました。
「中高生で鉄道書を読んでいる人間は負け組と見なされるし、鉄道好きというだけで高校受験のときの内申書に悪く書かれる。だから児童向けの鉄道書など無意味だ」と。
 知識不足と理解不足とを改めることもなく鉄道に関する原稿を執筆し、あるいは同様の姿勢で編集した書を世に送り出した責任は取らず、たとえば拙著に関して調べすぎなどと責任転嫁する行為がはびこっているようでは、若い世代の人たちが負け組と見なされるのも、内申書に悪く書かれるのも仕方がありません。鉄道趣味どころか、鉄道について考えることすらやめたほうがよいでしょう。しかし、そうした現状を何とか改めてほしいという声も聞かれますし、もとより当方もそのつもりです。
 以上が新年のあいさつとしてふさわしいかどうかはわかりません。いずれにいたしましても、皆様にとって2013年がよい年となりますようお祈りいたします。

梅原 淳 拝

  • 2013.01.08 Tuesday
  • NEWS

2012年7月4日

 「鉄道よもやま話」を更新しました
 JR東日本篠ノ井線の桑ノ原信号場で列車が立ち往生するトラブルが発生いたしました。この件につきまして梅原淳は解説を試みております。

2012年5月23日 丸田祥三、『眠る鉄道 SLEEPING BEAUTY』(小学館、定価2500円+税)発売のお知らせ

 去る2012年4月30日、丸田祥三氏の写真集、『眠る鉄道 SLEEPING BEAUTY』が小学館から発行となった。どのような写真集であるのかは裏表紙に記された丸田氏の言葉が如実に示している。
「朽ち果てた鉄道車両。錆びた線路――。命を失い景色に同化していく鋼鉄の者たち。自然と文明が織りなす森の奥、目覚めることなき、その姿は“SLEEPING BEAUTY(眠れる森の美女)”と呼ぶに相応しい。その美は束の間であり、かつ永遠である。」
 本書は鉄道車両を中心に、構造物など、全国各地に点在するあるいは点在した延べ96にわたる廃車体や遺跡を撮影した写真集である。とここまで記すと、単なる「がらくた」の写真が列記されているのかと思われる方も多いことだろう。
 しかし、本書に掲載されている廃車体や遺跡は裏表紙の文言とは裏腹に「死んで」はいない。見る者に何かを訴えかけている。それは助けを求める声かもしれないし、恨み言かもしれないし、辛かった生涯の回顧かもしれない。いずれにせよ、がらくただと思われている存在一つ一つには紛れもなく生命の息吹が感じられる。無機質な物体をここまで表現した丸田氏の才能には感嘆せざるを得ない。
 本書はまた、鉄道愛好家として知られる小学館「IKKI」編集長の江上英樹氏の執念とも言える作業によって世に送り出されたものでもある。その一端は巻末の「作品解説」をご覧いただければたちどころにおわかりいただけることだろう。ここには延べ96にわたる廃車体や構造物の現役時代の写真が掲載された。現役時代の車両の番号は廃車体のものと同じというものまで見られる。梅原淳もひとかどのこだわりを抱いて仕事に取り組んでいるつもりではあるが、江上氏の情熱には脱帽さぜるを得ない。
 手前味噌で恐縮ながら、梅原淳は本書の監修を務めた。本書の魅力の一つである「作品解説」のデータの確認、そして現役時代の写真の手配など、ささやかながら協力させていただいた次第である。だからというつもりはなく、一読者としても本書は非常に魅力的で、見る者に何かを考えさせる写真集だ。ぜひ一度お手に取ってご覧いただければ幸いである。
  • 2012.05.23 Wednesday
  • NEWS

2012年4月1日 鉄道ジャーナリスト 史絵.さんの独立を祝う

  皆様、史絵.(しえ)さんをご存じでしょうか。ただいま史絵.さんは新進気鋭の鉄道ジャーナリストとしてまさに八面六臂の活躍ぶりを見せております。僭越ながら、当方は2009年8月から暫定的に、同年10月1日からは本格的に史絵.さんの指導に取り組ませていただき、本年2012年の元日をもちまして無事に鉄道ジャーナリストとして独り立ちいたしました。すでにこの間の経緯につきましては当人がブログで記したとおりでございます。その際に、当方は特にコメントを寄せてはおりません。史絵.さんが一人前の鉄道ジャーナリストとして、どこに出しても恥ずかしくない実力を身に付けたため、あえて何も言わずとも史絵.さんのこれからの実績が雄弁に語っていくと考えたからです。

 2012年3月初旬に史絵.さんは米国はサンフランシスコの鉄道の視察旅行に赴いております。当人のブログにてその報告を終えるに当たり、当方について触れたいとの打診をいただきました。そこで、この機会に史絵.さんの独立を祝す拙文を発表しようと考えた次第でございます。
 ところで、まずはサンフランシスコの鉄道に関してなぜ当方に関係があるのかにつきまして説明しなければなりません。実を言いますと、当方はかつて1970年代の終わりに父親の仕事の関係でサンフランシスコに住んでいたことがあり、この地で鉄道への理解を深めてきたという経緯をもっております。当方は、路面電車に関しての知識ならば若手ナンバーワンの実力をもつ史絵.さんを指導するに当たり、まずは当方が体験したサンフランシスコの路面電車の事情について説明し、史絵.さんと路面電車論を繰り広げようと考えたのです。
 討論の一例を挙げましょう。当時のサンフランシスコには、1930年代の設計でありながら、1970年代にあってもなお革新性に富んだPCC(Presidents’ Conference Committee)カーが第一線で用いられておりました。当方はPCCカーの優秀性や、日本の鉄道に及ぼした影響などについて語り、史絵.さんはPCCカーの日本版である東京都交通局の5500形の例を挙げて充実した討論となったことを覚えております。
 その後、史絵.さんはこのときの指導を忘れることなく、初の海外視察には光栄にも当方が初めて踏んだ海外の地を選んだのです。これは史絵.さんがもつ鉄道ジャーナリストの原点を探求するあくなき好奇心、そして不束な師を思いやる史絵.さんの優しい気持ちからきたものと考えております。

 いま史絵.さんは独り立ちして3カ月が過ぎました。当方を上回る実力をもつだけに多数の仕事が舞い込み、目の回る毎日とのことです。史絵.さんは独立しましたが、師弟の絆は一生続くものという考えは史絵.さんも当方も一致しております。したがいまして、これからは史絵.さんと当方とは対等の関係で皆様の前にお目にかかる機会もあることでしょう。
 皆様に自信をもって申し上げます。「鉄道ジャーナリスト 史絵.」は鉄道メディア界における2012年最優秀の新人であり、最大の事件です。皆様、今後とも史絵.さんをどうぞよろしくご指導のほどお願いいたします。

2012年4月1日 梅原 淳 拝
  • 2012.04.01 Sunday
  • NEWS

2012年3月11日 東日本大震災の発生から1年を経て

  去る2011年3月11日の14時46分に発生した東日本大震災から丸1年が経過しました。震災によって亡くなられた皆様には哀悼の意を表しますとともに、被害を受けられた皆様には謹んでお見舞いを申し上げます。

 当方は鉄道関連の分野で執筆等に携わる者であるから、個人的には東日本大震災で被災した鉄道がすべて復旧すれば理想的だ。しかしながら、鉄道が復興後の社会に必要とされず、その復旧によって後世に大きな負担を残すのであれば、躊躇することなく放棄してほしいと考える。
 2011年の9月にNHKラジオ第一放送の「私も一言! 夕方ニュース」という番組では「震災半年」をテーマに取り上げた。そのなかで、9月9日に放送された「どう立て直す? 被災地のローカル線」で当方は被災地の鉄道の現状と展望についてコメントさせていただいている。まだ震災から日が浅いため、当方は冒頭に述べたような厳しい見方は示していない。すると、生放送の番組中、地元の方から次のような声が寄せられた。
「三陸鉄道がいち早く復活してもてはやされているけれど、自治体はそんな金があるのならもっと困っている人に対して金を使ってほしい」
 このような意見は他にもあり、恐らくは地元からの声の半分近くはこうした意見であった。もちろん、いち早く復旧させた三陸鉄道の関係者の尽力には頭が下がるし、利用客の皆さんの利便を考えると、単純に三陸鉄道の復旧を優先度が低いとして切り捨ててよいとは思わない。ただし、被災者が直面している一番の問題は金銭面であることもまた確かである。当方が住む千葉県富津市でも津波によって漁業が大きな被害を受けた。復興させようにも資金がないために泣く泣く地元を離れる人の話も聞いている。金さえあればこのような問題は起きなかったはずだ。
 われわれが住む世の中は資本主義の世界である。貨幣すら廃止し、その後大虐殺を行ったカンボジアはクメール・ルージュの世ではない。それから、感情に突き動かされて社会の秩序を乱すことが許される世界ではないことを理解する必要がある。ここはジム・ジョーンズ率いる人民寺院が集団自殺したジョーンズタウンではないのだから。
 東日本大震災について、当方の同業者らは希望を語る人が多い。当方はそうした意見を否定はしないが、どことなくうわべだけで空虚なものに感じられる。そのようななか、手前味噌ではあるものの、鉄道ジャーナリスト史絵.が2011年3月11日に記した「黙祷」という題名のブログには、震災への無力感と現実的な抱負とが示されていて評価したい。
 当方の考えなど復興には何の役にも立たないだろう。「鉄道ジャーナリストを名乗っているくせに鉄道に冷たい奴がいる」とだけ思っていただければ幸いだ。
  • 2012.03.12 Monday
  • NEWS

2012年2月27日 朝日放送「ビーバップ! ハイヒール」出演のお知らせ

 朝日放送系列にて3月1日(木)の23時17分から放送される「ビーパップ! ハイヒール」に梅原淳が出演いたします。タイトルは「本当はめっちゃスゴイ! 新幹線」というものでして、新幹線のなかでも東海道新幹線が中心に取り上げられ、梅原淳はゲストブレーンを務めております。主に関西地区での放映とのことですが、ご覧いただける環境にいらっしゃいましたら、どうぞご覧ください。

  • 2012.02.28 Tuesday
  • NEWS

2012年1月11日 速報 山崎正夫前JR西日本社長の無罪判決について

 2005年4月25日に発生した西日本旅客鉄道株式会社福知山線塚口駅〜尼崎駅間列車脱線事故(以下、福知山線列車脱線事故)に関し、刑法第二百十一条第一項の業務上過失致死傷等の罪に問われていた山崎正夫前JR西日本社長に対し、2012年1月11日午前、神戸地方裁判所は無罪(求刑は禁固3年)を言い渡した。筆者には判決が妥当であるとか、不当であるといった感想は一切ない。理由は後ほど触れることにしよう。
 筆者は2011年11月に共同通信社から判決の見通しを求められた。その際、一審では執行猶予付きの有罪と回答したので予想は外れたこととなる。ちなみに、共同通信社にはコメントしなかったものの、筆者は二審では無罪の判決が出され、最高裁判所に上告された後、無罪が確定と考えていたので、無罪の判決は一段階早かったと言えよう。
 恐縮ながら、筆者は公判を傍聴したことはない。取材した記者の話や記事から判断するに、今回の裁判は争点が少々ずれていたのではないかと感じられる。山崎前社長が鉄道本部長在任中の責任を問う裁判であるから、福知山線列車脱線事故が起きた場所に速度照査機能をもつATS(自動列車停止装置)の不設置を決めたという具体的な責任が追及されるのかと思いきや、この事故を予見できたかどうかについての責任が問われていた。起訴の経緯からやむを得ないかもしれないが、これでは現業部門の責任者への裁判というよりも、JR西日本という鉄道事業者としての責任、そして鉄道事業者全体、さらには監督者の国土交通省の責任まで問うような内容を山崎前社長に追及していたのではないかと勘ぐられても不思議ではない。事実、公判中の記事を見返しても、明らかに山崎前社長が社長在任時の責任であると混同して書かれている記事が散見された。
 かような裁判であっても過去には有罪判決が出された例も見受けられるので、筆者は執行猶予付きの有罪と予想したが、これはなかなか苦しい判決である。ならば無罪判決がすっきりとしているのかといえば、本来争うべき点とは異なっているためにそうとも思えない。したがって、筆者は何の感想も抱き得ないのである。
 以前から指摘していることではあるが、今回の裁判でも国土交通省の前身である運輸省の関与ぶりがあまりというか全くと言ってよいほど重視されていなかった。たとえば、運輸省は1967年1月に鉄運第11号として地方鉄道法(現在は廃止。対象は鉄道事業法によるJR以外の鉄道事業者に相当)による事業者向けに「自動列車停止装置の設置について」といって速度照査機能付きのATSの導入を促す通達を出していたものの、民営化直後のJR各社のATSは安全度が低いということに配慮して廃止した点、またJR西日本に対して速度照査機能を備えたATS-Pの導入を指導した結果、大阪環状線と阪和線とに設置されたという事実がそれぞれ見過ごされている。JR西日本が運輸省の指導にどの程度従ったのか、さらには同省がどれだけの強制力をもって指導したのかまではいまだにはっきりとはしていない。山崎前社長の責任を問う過程で国土交通省の監督責任が問われることを避けたのか、あるいは単純に看過されたのかと考えるが、理由は不明だ。
 いずれにせよ、筆者は判決文も判決要旨も未読である。したがって、いまは雲をつかむような内容となるコメントしか出せない点をご容赦いただきたい。

  • 2012.01.11 Wednesday
  • NEWS

2012年1月10日 「現代の谷暘卿(たにようけい)、青木槐三(あおきかいぞう) 吉村光夫さんの逝去を悼む」

  鉄道を愛された吉村光夫さんが亡くなられてから1年が過ぎ、「現代の谷暘卿(たにようけい)、青木槐三(あおきかいぞう) 吉村光夫さんの逝去を悼む」をようやく追悼文として捧げることができました。一見、個人的な思い出話に感じられるかもしれませんが、ジャーナリストとして成すべきことを知りたいという方には参考になるかと存じます。

2011年9月19日 『鉄道の未来学』発売のお知らせ

  梅原淳が執筆いたしました『鉄道の未来学』(角川oneテーマ21。定価は税込みで760円)が2011年9月10日に角川書店より発売となりました。本書は、2010年代後半から2020年代にかけての鉄道の姿を展望し、問題点について可能な限り解決策を示したものです。ぜひ一度お手にとっていただければ幸いです。
 ところで、すでにお読みいただいた皆様から、本書の記述の誤りに関するご指摘をいただきました。当方の確認ミスによるものでございまして、おわびして訂正いたします。誤りの生じた具体的な場所と訂正点につきましては「鉄道よもやま話」中、「『鉄道の未来学』の正誤」をご覧ください。
  • 2011.09.19 Monday
  • NEWS


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

LINK


selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM